読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんごがでている

何か役に立つことを書きます

「シリーズ Useful R データ分析プロセス」をいただきました

著者の福島さんより、「データ分析プロセス」(共立出版)の御恵投いただきました。ありがとうございます。 この本はシリーズ Useful Rのうちの一冊のようです。よく見ると私のラボのOBである門田先生もトランスクリプトーム解析の本をこのシリーズで書かれているのですね。

本書の第1章から第5章にかけて、書名の通りデータ分析プロセス全体に関わる事項が網羅されています。 第1章では、データ分析とは何であって実データを扱う上でどのような問題に直面しうるのかを問題提起し、 いくつかの分析フレームワークを紹介しています。

第2章では、R言語を使ってデータフレームの扱いの基本を確認しています。新刊だけあって、伝統的なRの標準パッケージのみならず、比較的最近になってRの世界では一般的になった新しいパッケージの導入もしています。 特にdata.tableとその周辺ツールに関しては、大規模データを扱う際には必須のツールになってきている感じがします。

第3章に入ると、分析前の前処理の話に移り、実データには必ず存在する欠損値と外れ値への対応方法が多くのページを割いて解説されています。 多くの文献を引いて起こりうるパターンと解決方法をコンパクトかつ網羅的に紹介しているので、ここだけでも読む価値があると思います。

続く第4章と第5章が本書のメインになるのでしょう。データから予測モデルを構築する具体的手法と実例を約100ページにわたって解説しています。 ハンズオン・セミナーのように実際にRのセッションへ打ち込みながら結果と説明を読んで、まとまりのある実データでのパターン抽出プロセスと評価方法を学んでいくことができます。 私は特に4.2節の「頻出パターンの抽出」から学ぶところは大きかったです。

全体を通して参考文献も多く引用されているため、この本を足がかりとしてデータ分析の知識を深めていくような読み方もあると思います。 普段やっているデータ分析プロセスを明確にする目的でも、本書を読んでみると良いのではないでしょうか。